Windows10のGPUマイニングは最大8枚まで、9台以上取り付けてみた人柱レビュー|楽しければいいのです。

仮想通貨・マイニング

Windows10のGPUマイニングは最大8枚まで、9台以上取り付けてみた人柱レビュー

WIndows10ではグラフィックボードが8枚しか認識しない
Windows上でマイニングしている人も多いはず!というわけで、人柱の記事を書いてみました!すしぱくです。

さて、マイニングは、1台作るのにかかった「PCハード代 + 日々の電気代」をペイできるように、1台にできるだけ多くのGPU(グラフィックボード)を搭載するのが理想です。

以前紹介したGPUを最大13機搭載できる変態マザーボード「H110 PRO BTC+」を知ってしまうと、上限まで搭載したくなるのは当然です。しかし、Windows10には、ドライバの関係で8枚の壁があり、9枚以上を読み込んでくれません。(ちなみにWindows7は最大4台です)

というわけで、低電力GPUで構成している僕のマイニングマシンを使って8台以上搭載するとどうなるのかRADEONとGeforceを使って検証してみました。

H110 PRO BTC+ は8台まですんなり読み込みます。

冒頭で紹介した13枚まで搭載できるマザーボードですが、


レビューやコメントを読むと「5台以降読み込まない・・・」などという接続エラーの報告があります。ポート側(BIOS)がどのような順序で認識しているのかわかりませんが、デバイスマネージャーに不明なデバイスとして認識されてる場合、手動でドライバを更新すれば問題なく読み込みます。起動後に何度か画面がチカチカしますが問題ないです。

僕も最初は故障かと思ったのですが、どちらかというと仕様みたいです。

現在、僕のマシンはこのH110 PRO BTC+ を2台使ってマイニングしています。

1台目は、低電力GPUのRADEON RX560の8台構成です。



PKTK_08-25_14.jpg

PKTK_08-25_13.jpg

GPU温度は60°リミットにして、8台を2週間近く回してますが1度も落ちません。ETHが元気ないので、800Dayくらい期待していたのですが、これで常時340w前後なので文句は言えないですね。

さて次は、Geforceの低電力GPU「GTX1050Ti」です。
 

PKTK_08-25_04.jpg

1台だけ、GTX1060 3GB が特価だったので取り付けてます。(笑)

PKTK_08-25_12.jpg

こちらもGPU温度は60°前後に設定し、安定重視でマイニングしています。GTX1060が1050Tiよりも大きいので、8台構成で400W前後となります。Dayは800を超えるので、電気代も考えるとなかなかのコスパ機かと思います。


9台にしてみた結果

上記で紹介したWindows10の環境で稼働している8台構成のRADEON機とGeforce機に+1台追加してみました。

PKTK_08-25_06.jpg

Geforce機に、RADEON RX560 を追加したところ、デバイスマネージャー上では9台と表示されています。Windows上では認識はされているみたいです。

このままNiceHash Miner を起動したら、

PKTK_08-25_10.jpg


PKTK_08-25_11.jpg

おおふ、RX560しか読み込まない・・・

再起動かけるもマイニングスタートできませんでした。スクショ撮るの忘れていましたが、RADEON機にも9枚構成でトライしてみたところ、ドライバエラーが頻出して再インストールするハメになりました。あわよくば、Geforce+RADEONの8+5の組み合わせで13台動かせればと思ったんですが、無理でした。後述するAfterburnerを考えると8台構成で我慢するのがベストなのか、なぜだろうか… (同機種9台構成は、Windows上では無理でした)

ちなみに海外ソースですが、WindowsのGTX1070を9台搭載したところドライバエラーで落ちてしまったようです。
Trying Out the AsRock H110 Pro BTC+ With 13x GTX 1070 - Crypto Mining Blog

完全にドライバ側の問題ですね。H110 PRO BTC+は最大13台まで取り付けられるので、今後のドライバのアップデートで8台以上認識される日が来ることを願って待機しておきましょう。13台認識するETH OS はやってみようとは思うものの、NiceHash Minerのプール自動変更が使えないのと、そのうちPOS移行を考えると対応面倒でやらないかもしれません。

ちなみに、僕が紹介しているGPUに取り付けるライザーカードは1台1機仕様ですが、最近は新しく複数台取り付けられるものも出てきています。




こういった商品が増えてきています。使ったことがないので信頼性はわかりませんが、PCI-Eスロットが少ないマザーでも楽に増設できるので重宝しそうですね。これらのライザーを使ったとしてもWIndows10の認識枚数は8枚なので注意が必要です。

おまけで、Afterburnerの認識台数も8台まで


グラフィックボードのOCソフト「Afterburner」ですが、こちらもWindows10の認識台数と同じく8台までです。(ドライバの関係なのか、ソフト自体の仕様なのかはわかりません)

PKTK_08-25_09.jpg

PKTK_08-25_08.jpg

画像は、GeForceに9台搭載した時の様子です。8台以上矢印が表示されなく選択できません。おおふ・・・

ちなみにRADEONでAfterburnerを動かす場合、Crimson 17.7.2は動かないので、一つ前のVerもしくはWattManを使う必要があります。ご注意ください。
参考:https://community.amd.com/thread/218516

というわけで、Windows10ではGPU8台までの構成で割り切って組むのが理想かもしれません。もしWindows10環境で9台以降安定してマイニングできてる方がいたらご一報ください。

↓ 僕がマイニングに使っているビットコインウォレットはbitFlyer です
 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
・BTC⇔JPY 日本円の販売所・取引所がある(出金もスムーズ)
・大事な資産を管理するから、外国語のサイトよりも日本語サポートは重要
・ETH、LTCなどアルトコインの取引にも力をいれている
・ビットコイン分裂騒動で最も早く対応
・ビックカメラと提携して決済サービスを導入
国内唯一不正出金に伴う補償制度を導入
・口座維持手数料なし
・登録するとマイニングに必要な自分だけのビットコインアドレスがもらえます。
ビットコインアドレスを取得できます
■ Webサイトこちら:https://bitflyer.jp

 

関連記事

すしぱくのtwitterをフォローRSSフィードを購読facebookページはこちらGoogle+はこちら
現在の記事数:661!
仮想通貨・マイニングはじめました!



名前:
横浜県在住の自称Web屋です。日々楽しい事を模索しながらポジティブに生きてます。('A')
>> こんな1日です!?
>> こんな事を経験!?
>> すしぱくの機材一式

【運営しているサイト】 すしぱくtwitter