サイトを検索結果に即時反映させたい機能や+1の統計情報などウェブマスターツールに新機能が追加|楽しければいいのです。

Googleネタ

サイトを検索結果に即時反映させたい機能や+1の統計情報などウェブマスターツールに新機能が追加

webmaster

先日書いた、「最近は震災ネタがいいんだよ」っとドヤ顔でアフィリエイトを語ってた人のサイトがGoogle から八分にされたり、大幅なページランクの変動があったりと、最近ホームページという存在の品質自体が問われはじめているわけで 『ソーシャルの流れ来たな!』('A') っとか感じているsusi-paku です。

さて、WEB制作者なら必ず使うウェブマスターツールに新機能が追加されてました。やっぱり+1ボタンの設置が今後のSEOの鍵を握りそうな予感でございます。

ウェブマスターツールでサイトを管理しよう!

WEB制作者のみの御用達ツールとして認識されているウェブマスターツールですが、WEB制作に詳しくない方でも是非利用してもらいたいサイトのひとつでございます。

意外と利用していない人が多いので、この機会にぜひ設定してみて下さい。

nodu000975

ウェブマスター ツール:トップページ

まぁ、何ができるか 簡単におさらいすると。

nodu000976

Google にサイトマップを送信して、生きたページの情報をインデックスしてもらえたり

nodu000979

検索結果に表示されるサイトリンクの管理ができたり、

nodu000977

検索クエリ・キーワードなんかも確認することができます。

今回、新機能としてサイトを更新した際に即時反映させるFetch as Googlebot機能と Google版のいいねボタン『+1』をWEBサイトに設置した 統計情報の閲覧が追加されました。('A')

新機能Fetch as Googlebotとは

nodu000980

Google、新サイトを検索エンジンに即時登録する方法を提供 | ネット | マイコミジャーナル

マイコミジャーナルさんによるとですね、


新しく立ち上げたサイトをいち早く検索にヒットするようにしたい場合や、既存のページで情報を更新したものを可能な限り速く検索結果に反映させたい場合、誤った情報を掲載したあとで更新をかけたため、なるべく速く正しい方の情報が検索にヒットするようにしたい、といった場合に活用できる。


記事を書いて Google先生にping送信すれば大抵検索結果に即反映はされますけども、その後情報更新した場合、なかなか反映されない(特にタイトル部分)のでこのような機能ができると便利そうな感じです。

nodu000981

ウェブマスターツールにログインして、左のメニューより診断を選択します。('A')

すると、Fetch as Googlebotという項目が表示されるのでクリックします。

nodu000986

取得するURLを入力してくださいというフォームがありますので、即時反映させたいWEBサイトのURLを入力します。(※ 空白の場合indexになるみたい)

nodu000982

通常のウェブからモバイルも選択できるようになっています。特に変更なければ取得の項目を選択します。

nodu000988

すると上記のようにサイトが取得されます。この後インデックスに送信を押すと即時反映する設定を行います。

nodu000984

URL と URLとリンクページという2種類が存在します。

URLは取得したページ単体を意味し、URLとリンクページは取得したURLの内部リンクをすべてインデックスに送信する機能となってます。

nodu000987

ちなみに回数も決まっており。取得できる最大URL数は1ヶ月で50個 インデックスに送信する場合、すべてのリンクページを利用できる回数が1週間に10個までとなってます。

回数が制限されていることもあり、頻度多くは利用できませんが速報や更新が度重なる記事を書いている人にとっては重宝するツールとなっています。

Google プラスワン1統計情報で+1の推移を確認。

Google+の普及により tweet/hatena/facebook/google+ みたいなソーシャルボタンの設置を見るようになりましたね。

この設置した+1ボタンがどのような日時にどれだけ押されたか、ウェブマスターツールでは統計を確認することができます。

nodu000989

左メニューの+1統計情報という項目を選択すると、検索の影響・アクティビティ・対象といった項目が表示されます。

特に興味深いのが対象の項目ですね。

nodu000990

記事ごとの+1ボタンとサイト自体を指定した+1ボタンがあり、

うちのサイトで言うと右サイドバーに表示されているのが サイト自体の+1ボタンで、記事のタイトル下に表示されている+1ボタンが記事ごとの+1ボタンとなっています。

ここの統計で表示されているのはサイト自体の+1ボタンの統計となっており。+1ボタンを設置する際、サイト自体を指定したボタンは今後の検索結果として強く意味する(SEO的な意味で)可能性がありそうね。('A')

nodu000991

アクティビティの項目もかなり興味深い統計が表示されていますね。

他のサイトからの+1の数という項目が表示されています。これって、どういう意味なのだろうか・・・

nodu000992

Google+で記事を紹介した際に +1を押してくれた数(この記事なら+4されているはず)なのかと思ったら、統計では表示されていないのでこれではなかったのです。

このあたり、数値が多ければ多いほど検索結果へ反映されていくようでしたら重要な意味になってくはずですね。

というわけで、今の時代にマッチさせたウェブマスターツールの新機能、サイト制作者にとっては非常にありがたいツールなのでぜひとも活用してみてはいかがでしょうか('A')ノおしまい。

関連記事

すしぱくのtwitterをフォローRSSフィードを購読facebookページはこちらGoogle+はこちら
現在の記事数:689!
仮想通貨・マイニングはじめました!



名前:
横浜県在住の自称Web屋です。日々楽しい事を模索しながらポジティブに生きてます。('A')
>> こんな事を経験!?
>> すしぱくの機材一式

【運営しているサイト】 すしぱくtwitter