気になるあの人が持っている本や欲しがっている本を確認してコメント・管理ができる liblar を使ってみました|楽しければいいのです。

新しいサービス

気になるあの人が持っている本や欲しがっている本を確認してコメント・管理ができる liblar を使ってみました

libr

先日、招待制のみで公開されました 自分が持っている本を管理することはもちろん、欲しいと思っている本をライブラリとして管理できるサービス liblar を使ってみましたよ。

それなんてbyflow と言われそうなサービスですが、書籍(本)限定でtwitter や facebook のアカウントを持った友人の本が閲覧できるため、『あの人こんな書籍持っているのね』的に確認することができそうです。

liblar -本を友達と共有、すばらしい本に出会うためのサービス

とりあえず、どんなサービスなの?

ブクログとbyflowを足して2で割ったようなサービスでございます。

pasiks001107

liblar -ユーザー - susipaku

まずは、susi-paku さんの書籍リスト画面を見てください。

こんな感じで、欲しがってる本(ウィッシュリスト)と持ってる本(ライブラリ)っていうのが一覧で表示されます。

byflow でも同じように欲しい物リストを作ることはできるけど、家電とか生活雑貨まで含まれてしまうから その点liblarは本限定なので明確で分かりやすいかなとは思う。

あとは、現在のところ twitter と facebook アカウント限定で利用できまして(そのうちG+もお願いしたいね)フォローしている友人を招待したり、既に利用しているユーザーのリストを閲覧できたりするわけです。

pasiks001108

自分はFBのアカウントが抹消されているので、twitter アカウントでログインすると フォローしているユーザーが一覧で表示され招待することができますね。

招待してほしい人いましたら連絡頂ければ招待します。('A')ノ

というわけで前置きが長くなりましたがとりあえず使ってみます。

招待されてから利用開始まで

完全招待制なので、この度wanderer_keikoさんに招待されまして利用してみます。

pasiks001080

ステップを踏んで利用を覚える感じだね。利用するアカウントを選択するのだけれども、ここで選択したアカウントの友人がリストとして表示されるわけだね。

pasiks001081

pasiks001082

twitter アカウントそのままログインできるけれど、メールアドレスとパスワードでもログインすることができます。

ここでは、その設定を入力するステップとなっているね。

pasiks001083

これで登録完了。他のアカウントも利用するのか聞かれるけれどスキップ。

欲しい本(ウィッシュリスト)を追加してみる

liblarでは基本的に欲しい本・持ってる本 この2つのみシンプルに構成されています。

まず、欲しい本(ウィッシュリスト)の追加方法ですが、検索して探す方法と人が持っている本を追加する方法があります。まずは検索して探す方法

pasiks001089

蜷川さんのニナデジが欲しい!

pasiks001090

んで、ウィッシュリストに追加!非公開もできるので、自分だけのウィッシュリストなんかも作れそうだね。

pasiks001109

フォローしている友人の本もリストで一覧表示されるので、気になったらウィッシュリストに追加する事も可能です。('A')

持っている本(ライブラリ)を追加してみる。

持っている本は自分が所持している本を自慢するリストです。w 特定のジャンルに強い人のライブラリとか見ると参考になる書籍を所有していたりするので参考になります。

pasiks001092

というわけで、自分も先日ブックオフで一気に買ってしまった、進撃の巨人と

pasiks001106

GIGAZINE初の書籍を追加してみます。これも非公開にできるので、人に見せれないムフフな書籍も管理できるわけです。

liblar上での評価も確認できます。

進撃の巨人の評価はliblar上ではっというのが確認できます。これはリストに登録した人全てのコメントが表示されるので使いやすいかもですね。

pasiks001111

pasiks001113

持っている人もリストアップされるので趣味が合う人をフォローすることもできるね。

pasiks001104

自己紹介するところもあるしね。

liblar 使ってみてまとめ。

byflowでは登録した商品から人と繋がる感じだったけれど、liblarではフォローしている友人から商品(本)を見出す感じ。

まったく知らない人の本を見るよりも、身近な友人が持っている本を確認するというのはなかなかのアイディアだと思う。本(書籍)限定だしね。

あとは、byflow の時にも言ったように 登録者個人の amazon アフィリエイトを登録できる項目とか NAVERまとめのようなアフィ方式みたいに 積極的に自分の書籍(ウィッシュリスト)を登録できるような魅力が欲しい所(多分無理だろうけど)

個人的には自分の登録作業よりも他の人が持っている本(書籍)を見るのが面白かった感じです。利用してみてはいかがでしょうか?('A')ノおしまい。

関連記事

すしぱくのtwitterをフォローRSSフィードを購読facebookページはこちらGoogle+はこちら
現在の記事数:688!
仮想通貨・マイニングはじめました!



名前:
横浜県在住の自称Web屋です。日々楽しい事を模索しながらポジティブに生きてます。('A')
>> こんな事を経験!?
>> すしぱくの機材一式

【運営しているサイト】 すしぱくtwitter