ブログの記事が会員のみ閲覧できるページに全文転載された件|楽しければいいのです。

アレな話題

ブログの記事が会員のみ閲覧できるページに全文転載された件

全文転載

先日につづいて情報収集系サイトの話題になってしまうのですが、内容はタイトル通りログインした後に全文転載されたブログの記事を閲覧できる件です。記事元のリンクが貼られているのでグレーな感じではありますが、今後のことも兼ねてブログに書かせていただきました。

※ 10/27 vingowの全文転載が短縮表示に処置されたことを追記しました。

会員専用だからいいの?

さて、今回このような話のきっかけになったのは本日正式にサービスを公開した vingow さん

vingowtop

先日紹介したGunosyと似たような情報収集サービスでございます。

こちらのサービスを使っていたらうちのブログ記事が全文転載されていたという事になるのですが、紹介の前に注釈をいれさせて頂きますと今回の全文転載について、vingow さんの中の人と下記のようなやりとりを行っております。



現在(このブログを執筆しているあいだ)、まだ対応はされておりませんが、最大限対応してくださるとのリプライをいただいております。


上記のように記事表示を短縮するとの処置をしていただきました。('A')

今回の全文転載の件については vingow さん側には成り行きを伝えた上でこの記事を執筆しております。ふまえて、今後このような利用がグレーなのかアウトなのかの判断として紹介させていただきます。

まずは今回正式サービスとなった vingow さんのご紹介から。


自分の好きなタグのニュースだけを読める

vingow は自分が好きなタグ(ワード)を選び、その関連した情報だけを表示することができるサービスです。

ログインしてタグを入力してみます。
情報収集

例えば情報収集と入力することで、そのワードに属したタグが一覧で表示されます。このタグをクリックすると

情報集集2

それにそったサイトがタイムラインで表示されるわけです、使えば使うほど賢くなるそうなのでGunosyと似たようなアルゴリズムが採用されているのでしょうかね。('A')

さて、ここから本題に入ります。

この一覧の一番上にはうちのサイトが表示されております。クリックすると下記画像のように全文転載されたページが表示されます。

転載1 転載2 
(クリックして拡大できます。)

【リンクはこちら】
http://vingow.com/#!/doc/493117

画像を開いていただくとわかるとおり、vingow のサイト上にて全文転載されており、うちのサイトを開かなくても内容を把握出来る感じです。

【ちなみにうちの元記事はこちら】
http://www.susi-paku.com/pakugunosy.html


ログインしていない人がこのvingow のページを開くと。

続きを読む

文頭の文字が表示され、続きを読むと表示されとりますね。('A')

なんで、ログインページにもこれと同じ情報が表示されないのかアレなんですが、ログインページには全文転載記事が表示されるという仕組みです。

このように、元記事へのリンクが貼られているからOK的な感じなのかはグレーでわかりませんが、全文転載されていたら読んだあとにわざわざ元記事へ飛ぶという事はしない気がするのです。

特に全文転載の記事はアドセンスなど、余計な広告などはほぼスクレイピングされている状態となっており、ブロガーやニュースサイトからしたら死活問題になると思うのですよ。利用者側からしたらわざわざサイトへ飛ばなくても済むので楽だと思うのですけどね。

【参考に鈴木さんの記事】
スクレイピングを防ぐための現時点でもっとも効果的な方法 | 海外SEO情報ブログ

こうなると、サービスの一環としてログインしたら全文転載しているので読みやすいですよ的な・・・

今後、このような利用があった場合問題となるのか?


さて、2chまとめサイトでの転載問題でこういった件が注目されているわけですが、今回の件でどうも引っかかる点がいくつかあります。

1.全文転載されているページはログインしないと見れない件

スパムのように全文転載しているサイトは沢山あり、それは誰でも閲覧できる状態のものが多く公開されておりますが、今回のケースのように会員登録(またはtwitterなどのID)が必要で、ログインしたユーザーにだけ全文転載されている記事が閲覧できるというサービスは問題ないのでしょうか?

以前、株式サイトを運営していた際にブログにて公開していた銘柄とチャートの記事が某会員サイトにて全文転載されていた事がありました。偶然にもそこの有料会員だったメンバーから指摘があり会員サイトの運営者からは対象記事の削除と謝罪文をサイトに掲載することで和解したことがありますけども、今回のようなケース(一般公開で全文転載していないケース)は問題ないのでしょうか・・・今後似たようなサービスがあった場合、私たちブロガーはなすすべがないのか気になるところです。

2.全文転載しているけどきちんと元記事へのリンクがある件

今回の全文転載されている記事にはヘッダー部分とフッター部分に元記事へのリンクが貼られています。

motokijiyomu

パクツイ(パクリツイート)のように自らが執筆したような表現ではなく、あくまでも転載元はここだよ的にリンクが貼られていれば全文転載しても問題にはならないのでしょうか?

個人的には全文転載された時点でこのサービスの一環ではないかと考えてしまいます。PAKUTASOの素材サイトを運営している身としては高解像度の写真も転載元のリンクを貼ればダウンロードできてしまう感覚です。こんなことされたら素材サイト作る意味が無いです。

っと以上、気になった点を書かせていただきました。詳しい方いましたら指摘して頂ければ幸いです。@susipaku


最後に今回の件でvingow さんに掲載されていて不利益を感じるサイト運営者の方がいましたら、中の人へお問い合わせすることで検索の対象から外してもらえるそうです。(自分は外してもらっていません)

今回このようなご紹介になってしまったvingow さんですが、個人的にはGunosyと同様に情報収集サービスのひとつとして利用していく予定です。応援しておりますので今後共よろしくお願いいたします。('A')ノおしまい。

すしぱくのtwitterをフォローRSSフィードを購読facebookページはこちらGoogle+はこちら
コンテンツ提案から作成まで全部丸投げできる記事外注
現在の記事数:636!



名前:
横浜県在住の自称Web屋です。日々楽しい事を模索しながらポジティブに生きてます。('A')
>> こんな1日です!?
>> こんな事を経験!?
>> すしぱくの機材一式

【運営しているサイト】 すしぱくtwitter