Instagramが規約変更!公開UPしたら写真素材になるそうです。これはやばいので考察してみた。|楽しければいいのです。

アレな話題

Instagramが規約変更!公開UPしたら写真素材になるそうです。これはやばいので考察してみた。

写真素材化


はい、無料写真素材サイト『PAKUTASO』を運営しております susi-paku です。

何だか、『写真素材!になっちまう』というTLが流れてくるので、なんの騒ぎかとニュースを追ってみたら"Instagramにアップして公開した写真は写真素材になりますよ"っという利用規約が話題になっているそうです。

これは、同業として色々と危機感を感じながらアレだったので記事を書いてみました。

12/19 10:00【追記しました】

Instagram が公式で写真素材にすることを否定されたようです。

利用規約変更で退会者続出に・・

12/19 10:00【追記しました】

この騒動を受けて Instagram の公式ブログに説明が発表されましたね。

hokansuru

【原文】Thank you, and we're listening - Instagram Blog

こちらの内容についてねとらぼさんとCNETさんの記事はこちら。

「写真が勝手に広告素材に使われる」ことはない――Instagramが規約変更への批判受け説明 - ねとらぼ

混乱を招く文言は「われわれの過ち」--Instagram、新利用規約の表現を修正へ - CNET Japan

今回の騒動はこれで一区切りという感じですね。以下はこれまでの経緯などになります。('A') 下の方には、もし写真素材として配布された場合などの事も書いておりますのでよかったら読んでください。





今回の流れについてですが、uniさんがわかりやすくまとめていたので、こちらを確認してください。

unisan

Instagram利用規約変更!退会者続出!Instagramが写真素材サイトに!? - NAVER まとめ

NYTimes のデマの可能性についてuniさんから








だそうです。英語の解釈が難しくInstagramの広告に入るのとか、色々と解釈が違ってくるのかもしれないですね。


roket

【インスタグラム騒動まとめ】Instagram運営「みんなの写真を事業や広告に使うかも」 ユーザー「フリー素材になるのイヤだ退会する!」→ それは少し誤解 | ロケットニュース24

ロケットニュースでも記事化していますように、"規約やプライバシーポリシーの内容が「曖昧な表現」なのは確かであり、ユーザーたちが不安に思うのは仕方がないだろう。"確かにそのとおりですね。

gaje

撮った画像が無断で広告素材に? 『Instagram』新規約の発表により退会方法が注目集める - ガジェット通信

ガジェ通も記事にしておりますな。('A')


さて、この新規約は2013年1月16日に利用規約が適用されます。




先日、Facebookに大型買収されたので気にはなっていましたが、まさかこんな形になっていたとはね・・まぁ、この影響ももちろんですけども、一番の影響としては、Twitterさんが独自の写真フィルターを導入した影響だと思うのですが、


ツイッターvs.インスタグラム 写真フィルター8本勝負! : ギズモード・ジャパン

まさか、写真を撮って公開したら誰でも使える写真素材になってしまう機能とは、何だか権利的にアレですなー。('A') こりゃ、退会する人が続出するよね。

今回の規約を見てみよう

いくつかサイトを確認してみよう。


kiyakuwomitemiyou

ニュース - Instagramがプライバシーポリシーと利用規約を変更へ、Facebookと情報共有:ITpro

"なお、ユーザーがアップロードした写真の所有権および、写真を閲覧できる範囲に関しては変更は一切無いと、Instagramは述べている。"とは記載しているね。

cnet

Instagram、プライバシーポリシー変更へ--Facebookとのユーザーデータ共有が可能に - CNET Japan

んで、原文はここ
Terms of Use • Instagram

ニュース記事はここ
What Instagram's New Terms of Service Mean for You - NYTimes.com

【追記しました。NYTimesの曲解のデマの可能性】
Instagramが写真をFB広告素材に転用するというデマについて « MagicGunner Press



2. You could star in an advertisement -- without your knowledge.
A section of the new terms of service, titled "Rights," notes that Instagram will also be able to use your photographs and identity in advertisements. "You agree that a business or other entity may pay us to display your username, likeness, photos (along with any associated metadata), and/or actions you take, in connection with paid or sponsored content or promotions, without any compensation to you," the new terms say. This means that photographs uploaded to Instagram could end up in an advertisement on the service or on Facebook. In addition, someone who doesn't use Instagram could end up in an advertisement if they have their photograph snapped and shared on the service by a friend. Facebookalready runs adsthat make use of people's activity on its site.

Marc Rotenberg, executive director of the Electronic Privacy Information Center, an advocacy group in Washington, said that the use of a person's likeness in ads could run into some state laws protecting people's privacy.

"Most states have laws that limit the use of a person's 'name or likeness' for commercial purposes without consent," Mr. Rotenberg said. "The legal purpose is to allow people to obtain the commercial value of their images and endorsements, which is a big issue for celebrities and others, but also a reasonable concern for Facebook users whose images are used by Facebook to encourage friends to buy products and services."

3. Underage users are not exempt.
Athough Instagram says people must be at least 13 years old to sign up for the service, the new terms note that if a teenager signs up, they are agreeing that a parent or guardian is aware that their image, username and photos can also be used in ads.

特に問題となるのは2.3なのかな(英語力ないので自信ないけど)
アップされた写真は無保障で広告利用出来るとのこと、未成年も例外としない。('A')

※ 原文にはFacebookという文字は出てきていない件について。



買収されたこともあって、Facebook=Instagram という認識でもいいのかしら・・


撮った写真が写真素材として公開されると何がやばいの?

さて、ここからは写真素材というものがどういうものなのか書いてみたいと思います。

ぱくたその写真素材でもかなり注意して撮影しておりますが、すべての写真ごと承諾を得て撮影してはおりません。(承諾を得て撮影しているのもあります。)

pakutasopost-205

写真を撮り合う子供の兄弟-無料写真素材PAKUTASO/ぱくたそ

例えば上記子供の写真を例にお話しましょう。この写真ですが、子供たちに許可を撮って撮影しておりません。(流し撮り。)

顔がわからないような構図となっております。

pakutasopost-117

離陸前の飛行機-無料写真素材PAKUTASO/ぱくたそ

はい次です。こちらの写真はモロにANAと書かれており、承諾を得ないで撮ってます。

うちは基本的に写真素材の配布なので、この写真をそのままの状態で利用するのは例外として、あくまでもトレースや加工しての利用を主としています。なのでメーカー名や企業名がわからないような利用を規約として定義しています。

tore-su
サイトについて-無料写真素材サイトPAKUTASO

ふまえて、写真をそのままの状態で利用する場合、『この飛行機は弊社の自家用飛行機です』のような表現でまったく違う会社が利用するのはNGです。(必ずANAから許可を取ってください。)

建物の肖像権に関して質問です。 ある特定の建物の写真や動画を.. - 人力検索はてな

これは極端の例ですけども、よくある企業説明のページでカッコイイ建物をイメージとして使っているサイトありますよね?あれ、まったく違う企業の建物を使った場合、建物の所有者から指摘される場合があります。(建物とかは権利的に違うけれど一応ね)

pakutasopost-1039

空を反射する大きなビル-無料写真素材PAKUTASO/ぱくたそ

このくらいの構図ならわからないと思うけれど、例えばこんなのね。('A') 

roke

ロケーションのご協力-無料写真素材サイトPAKUTASO

よっぽどな場合はロケーション提供として提携させてもらっています。(ちなみにクレジット表記なしで利用いただけます。)


はい、だんだん権利の事がわかってきましたでしょうか。次は他のサイトさんはどうなっているか見てみましょう。うちと同じく写真素材を配布している東京デートさん。

無料写真素材 東京デート
79

17

権利的にかなり厳しい、東京ディズ○ーシーや、コスプレで顔出ししている二人の人物なども配布しているんですね。こちらの写真の利用規約を確認したところ、

・私が許諾できるのは写真そのものの利用権だけで、写っている被写体の権利については許諾の権限がありません。別途交渉が必要なケースも想定されますがその場合は個別にご交渉ください。

まぁ、あくまでも写真素材としての配布だからいいのか疑問ですが、個別に交渉するとしても、このコスプレしている人の詳細が記載されていないし、顔が特定できる写真素材の配布はさすがにアレな気もします。('A')!というか、たぶんほとんどの写真素材サイト(大手含み)はこのようになっているんですよね。カメラマンが撮影した写真はカメラマンの責任になるというところも多いわけだし。


うちの人物写真は?

pakutasomacbook-air

こたつに寝転びながらMacBook Airを触る男性-無料写真素材PAKUTASO/ぱくたそ

はい、みんな大好き大川さんです。('A')

うちのモデルリリース(人物写真)は すべて承諾書を交わした上で配布しています。よっぽど公序良俗に反さないかぎり好き勝手利用していただいて構いません。また、最近はPV数も増えてきたので、モデルとの交渉も楽になってきましたが、権利的に非常にデリケートな問題な為、初期の頃は何度も交渉破棄された経緯があります。よく言われた事だと『写真素材として配布される場合、本人の意図せぬ利用がある』『誰にでも使われるのでブランディングが低下する』このような意見をもらっているのが現状ですね。これを個人で運営するとか本当に狂気の沙汰だと思いますわ。w


とにかく、そんな感じで特に人物や肖像権が絡む物はヤヴァイです。何でも、写真素材になってしまうのは本当に恐ろしいことなのです。

Instagramの規約には公開した本人が法的責任を負うと書いてます。(そして、気に入らないなら退会してくださいと書いてます。w)撮った写真を公開UPしたら自動的に写真素材になってしまう可能性あったらありえますよね。

『彼女を撮った写真が、広告として使われている・・』
『自分が作った成果物が、広告として使われている・・』

まぁ、どう考えたっておかしいでしょ・・・(業者的にはおいしいでしょうけど。)

写真素材を配布している管理者から言わせてもらうと、ありえない事なのですね。

以上、簡単ですが権利の事をお話させていただきました。ぜひとも、Instagramで写真素材を公開しないで、ここまで考えて写真素材を配布(個人で)しているぱくたそをよろしくお願いいたします。ぇ? ('A')ノおしまい。

関連記事

すしぱくのtwitterをフォローRSSフィードを購読facebookページはこちらGoogle+はこちら
現在の記事数:637!



名前:
横浜県在住の自称Web屋です。日々楽しい事を模索しながらポジティブに生きてます。('A')
>> こんな1日です!?
>> こんな事を経験!?
>> すしぱくの機材一式

【運営しているサイト】 すしぱくtwitter